So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

私の誕生日に思う [コラムエッセイ]

「私の誕生日に思う」


本日1月12日で、
私もいよいよ40代最後の
年齢を数えるに至ってしまった。


birthday.jpg
画:TSUBASAさん


49歳である。


私がまだ小さかったとき、
50になればもうすぐおじいさん、
という感じがしたものだ。


つまり、
60は完璧におじいさん、
というイメージがあったのだ。


しかしながら、いまの50は、
まだまだ壮年まっ最中と
いわんばかりの元気さだ。


【スポンサードリンク】






40代は惑わず、
といきたかったが、
惑わされっぱなしだった。


いくつになったら、
物事に泰然としていられるのだろう。


ただ記念すべきは、
48になって初めて、
私の人生を大きく変える事件が起こった
ことだった。


作家になる決心をしたことだ。


いまはそれほど大仰に考えてはいないのだが、
ほんとうに大事件なのかもしれない。


何しろ大成功すること間違いなし、
というゆるぎない確信があるのだ。


こんなこと、普通はない。


信じて疑わないとかいう
生易しいものではなく、
ゆるぎない確信なのだ。


ただし、
大成功するタイミングはまだ分からない。


早ければ今年かもしれないし、
来年かもしれない。


遅くても8年以内のことだ。


私としては、2、3年の内が、
最も望ましいと思っている。


手応(てごた)え十分の
確定的な実感を持って、
自分自身が痛切に感じている。


意外とこんな風にして、
人間は大成功を収めるのではないか、
と最近思うようになった。


【スポンサードリンク】






何はともあれ、
情熱が途切れない。


こんなことはかみさんを愛する以外に、
いままではないことだった。


などと勝手気ままに思っているのだが、
私の思い込みも普通ではないから、
思い込みだけなのか、
自分でも良く分からない。


それでも書くことに飽いていないのは、
大成功に一歩一歩近づいている
証(あかし)なのか。




私がこの記事をかいたのは、
19年前のことである。
当時サラリーマンであった私が
作家を目指し書いた
「サラリーマン千日解放」
というコラムエッセイの
249日目の記事である。

執筆年月日 1999・01・12
ブログアップ日 2018・01・12





【スポンサードリンク】






【後 述】

・・・・・・


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の1件 | -
マネーパートナーズで口座開設