So-net無料ブログ作成

たんつぼ(痰壺) [コラムエッセイ]


「たんつぼ(痰壺)」


最近ではほとんどみられなくなった、
たんつぼ(痰壷)。


たまに地方の駅で下車すると、
ホームや改札の隅に、
痰(たん)や唾(つば)を吐く入れ物が
置いてある。


かつてはいたる駅でみたような気がした。


いまだに、
道端で痰や唾を吐き捨てる人がいる。


tantsubo.jpg
画:アキヒロさん


ひどいときには、
立ち小便をしている人さえみかける。


【スポンサードリンク】






若いときには、
唾を吐くことがかっこいい、
と思って真似していた人もいるだろう。


スポーツ、テレビドラマ、映画などで、
選手や俳優が唾を吐くシーンをみせるから
無理もない。


私も少年時代、
小さく丸めてカッコ良く吐けないかなどと、
熱中したことさえある。


特にサッカーや野球などは、
汗をかいて競技しているので、
致し方ないのかもしれないが、
同じスポーツでも相撲だったらどうだろう。


水入りの大相撲となり、
汗をかいた力士が土俵に唾を吐いたら、
たぶん協会から厳重処分間違いなしだろう。


相撲は良くて、
サッカー・野球は悪い
などというつもりは毛頭ない。


問題は、
前述した子供たちが真似をすることだ。


道端であれ、ところかまわず、
唾を吐き捨てる習慣がついてしまうことだ。


同じスポーツの中で、
もうひとつ例を挙げよう。


ボクシングだ。


ボクシングの場合は、
試合中に唾を吐き捨てる選手を
いまだかつてみたことがない。


休憩のときに水を飲み、
大きなじょうごのような受け物で
処理している。


唾を吐き捨てる図は決していいものではない。


どんなに著名で優秀な選手であっても、
見苦しく感じるのは私だけではないだろう。


【スポンサードリンク】






やり方は色々ある。


ベンチの中や、
グランドの隅に痰壷(たんつぼ)を
用意してもいいではないか。


スポーツはプレイだけを観てくれ、
というのは単なる言い訳にすぎない。


選手は、
ファンの数だけ影響力があることを
つねに忘れないで欲しい。




私がこの記事をかいたのは、
16年前のことである。
当時サラリーマンであった私が
作家を目指し書いた
「サラリーマン千日解放」
というコラムエッセイの
995日目の記事である。

執筆年月日 2001・01・27
ブログアップ日 2017・01・29





【スポンサードリンク】






【後 述】


現在は痰壺(たんつぼ)などというものは、全く見かけない。


唾を吐くような人など全くいなくなった
のだろうか?


たしかに少なくなったような気はするが、
全くいなくなったわけではない。


未だにスポーツ観戦をしていると
競技場で唾を吐いている
選手はいる。


少なくとも路上などに
唾を吐くのは極力避けたいものである。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
マネーパートナーズで口座開設