So-net無料ブログ作成
検索選択

自然体 [コラムエッセイ]



「自然体」


人間色々と欲があるもので、
なかなか自然の流れに沿って、
自分をコントロールできるものではない。


特に若い内は、
自然以外の流れに翻弄されがちだ。


いや、むしろそれが若さという自然の流れ、
なのかもしれない。


サラリーマンにあっても、
自然体という構えはかなり重要である。


奇をてらわず、驕らず、迎合せず、
自分がいま乗っている流れの中で、
流れを妨害する力に対して

うまく躱(かわ)しつつ、流れの速度、
方向を狂わせることのない竿さばきをする。


それができないと、
あらぬ方向に流されてしまう。


【スポンサードリンク】






人間万事塞翁が馬、といわれるように、
何が幸、不幸をもたらすかは分からない。


とはいっても、自然体で躱すのが一番。


ストレスもほとんど発生しないし、
方向性も大きく変化はしない。


もちろん自然体というのは、
人それぞれの基準が違い、
標準などというものは存在しない。


そういう中で、
自分の流れを掴むことはかなり難しいだろう。


長年の経験や実績も必要だろう。


ここで肝心なのは、流されるのではなく、
自分の流れを作ることだ。


これができれば、
来たるべき独立の日がきても、
何も慌てずに対処し得るであろう。


【スポンサードリンク】






長い人生である。


50はまだ序の口だ。


これからセカンドステージが始まる。


とはいっても、
体力は歳相応の状態になっている。


気力ばかりが先走っても良くない。


しっかりと自然体を身につけて、
自分を確立しておく必要がある。


いまさら、
と思っておられる方は非常に優秀な方だ。


しかし意外と自分自身を確立していない、
もしくは確立していると錯覚している人が
多いものだ。


自然体の中で、
いかにこれからの人生をエンジョイでき、
充実感溢れるときをすごせるかは、
ひとえに自分自身の心構えにある。




私がこの記事をかいたのは、
17年前のことである。
当時サラリーマンであった私が
作家を目指し書いた
「サラリーマン千日解放」
というコラムエッセイの
128日目の記事である。

執筆年月日 1998・09・13
ブログアップ日 2015・09・13





【スポンサードリンク】






【後 述】

自然体でいるということは
何もせずにいるということではない。

信じ切って委ねられる方に
全身全霊を委ねることである。

その中で
流れに従い導かれた方向へと
進むことである。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
マネーパートナーズで口座開設