So-net無料ブログ作成
検索選択

一年の計は元旦にあり [コラムエッセイ]


「一年の計は元旦にあり」



本日は大晦日。

年の瀬とはよく言ったものである。

今年と来年の境目である。

年の瀬戸際である。


よく、私たちはこの時期に
来年こそは、とか、
来年の抱負は、とか
この境目に新たな年を迎える
心の準備をするものである。


kei.png


一年の計は元旦にあり、
と言われるように
明日の元旦に向けて
来年の計画を改めて
整理したりする。


【スポンサードリンク】






これは、
ある意味で
心の大掃除なのかもしれない。


今でこそ
年末に誰もが
大掃除をするわけではないが、
その日本人の習慣は未だに
根強く残っている。


何となく
一年の整理をしたがるのだ。


この精神版が
来年の計画や抱負を
元旦までに整理し、
整えることなのかもしれない。


しかし
このことわざは本来
「一日の計は朝にあり一年の計は元旦にあり」
というのが
その全文なのである。


つまり一日、一日、
毎日、毎朝に計の始まりがあるのである。


一日一生なのだ。


【スポンサードリンク】






従って、
明日の元旦からではなく、
今、
できるならば本当に今なのだ!


「善は急げ!」


とも言うではないか。


やれることは延ばさずにやる。


確かに
元旦は一年のけじめを
つけやすいかもしれない。


例えば
明日から○○を止める、
とか、

○○を始める、
とか、

何かと便利ではある。


しかし三日坊主と言われもするように
三が日で断念してしまうことも
多々ある。


それが逆に
その一年のリバウンドになって
以前よりも増して
物事が悪化するようなことも
あるだろう。


あまり
構えない方が良いように
思えるのだ。


私が以前、
禁煙を試みた時に
やはり

一年の計は元旦にあり、
ということで何度がやってみたが
挫折も同じ回数したのだ。


その度に
リバウンドし、

20本が40本になり、
40本が60本になり、
一時80本になるまで
リバウンドの激しさを経験した。


これはとりも直さず
あまり構えすぎない方が良い
ということになる。


今、明日から始めようとしている方、
今から初めてみてはどうだろうか。


それができれば
明日の元旦にはひとつ
山を越えた気分で過ごせる年に
なるかも知れませんぞ。




ブログアップ日 2015・12・31




【スポンサードリンク】








さらなるサラリーマンの話題はこちらから
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いよいよ年末ですね、あと数日で新年です [コラムエッセイ]

「いよいよ年末ですね、あと数日で新年です」


本当に一年って早いですね。

もうこの一年も
あと数日のうちに
新たな年になります。

今年は暖冬だとは言いながらも
やはり冬の寒さは身に応えます。


そんな時、
あったか~いお風呂
じっくりと浸かりたいものですよね。


そして一日の疲れをいやし、
ゆったりとした気持ちで
朝まで安眠すれば、
また翌朝、今日も一日頑張れると
思えるでしょう。

目覚めの光が心地良く身体をほぐし
快適なスタートができます。


師走は気忙しいです。

よくよく考えてみると
普段の仕事とそれほど
大きく変わっていないのに、

何故だか
精神的に追いまくられているのか
「あれもしなければいけない」

「これもやっておかなければ」

などと思いながら、
ただただ、気ばかり焦って
実際の作業は思ったほど
はかどらなかったりするものです。


時には
終業間際になって
あれを忘れた!

などと思い出すこともしばしばです。


うっかり、ぼんやりすることは
特にこのように気忙しさの中で
起る事が多いのでしょう。


多少の残業をして、
何とかその日やるべきことをこなし
家路につきます。


夕食を妻が用意して待っていてくれるのは、
本当にありがたいことです。


couple1.jpg


迎え出た妻の
ぷるるんとした潤い肌を見ると
一日の疲れも吹っ飛んでしまいます。


こんな変哲もない
年末を繰り返しながら
もう既に
60有余年も経ってしまったんですね。


couple2.jpg


これからも益々
夫婦ともども
いつまでも仲むつまじく
暮らして行きたいと思っています。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

若さと老いは紙一重 [コラムエッセイ]

「若さと老いは紙一重」


人間の一生で、
肉体の老化現象は自然の流れで
ある程度、致し方ないと思います。


rounyaku3.png


しかし生活様式の変化などにより
人生50年と言われた昔とは
比べものにならないほど

寿命は延び、肉体の衰えも
かなり変わってきている
と言えるでしょう。


rounyaku4.png


そんな現代であっても、年齢とは関係なく
こんな肌でいたいと願う気持は
古今東西を問わず
女性にとっての
永遠のテーマなのかもしれません。

いつまでも美しい髪でいたいと願うのも
今日始まったことではありません。

ウィッグやかつらではなく、
できれば自分の髪をいつまでも
美しく保ちたいと願うのが
ごく自然な考えであると言えるでしょう。


rounyaku1.png


また私たちは日々の生活のなかで
ついつい度を過ごしてしまう
ようなこともあります。

例えばお酒などはその代表と言えるでしょう。


それでも現代は酒類と共に飲める青汁なども
あるくらいです。

お酒にとってもよく合うだけでなく、
健康にも良いようです。


とても矛盾したことですが、
私たちが生きて行くには
空気、つまり酸素がなければならないのですが、
この酸素がすべてのものを酸化させ老化
させるのです。

ですから肉体だけではなく
視力が衰え、聴力が衰え、
判断力なども衰えます。


日常生活の中でも
つい、うっかりなどと言うことも増えて
来るのでしょう。


物事はすべて
正と負が表裏一体となっているのです。


若さと老いも紙一重だと言うことです。


rounyaku2.png


あの浦島太郎が
玉手箱を開けた時、

若者だった太郎が
その瞬間におじいさんになった
というのは、

他人事ではないのです。


このことを頭に入れておく必要も
私たちにはあるのではないでしょうか。





さらなるサラリーマンの話題はこちらから
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自我の強さ [コラムエッセイ]


「自我の強さ」



「うがいをしてください」


そういわれて私は
普通にうがいをする。


するといま詰めたものが取れて、
水といっしょに吐き出されしまう。


「強すぎます」
と歯科医からいわれた。


jigatsuyo.png


私のうがいが強すぎるくらいで、
詰めたものが簡単に取れてしまうか。


もう15ヶ月以上も同じ歯をいじっている。


お人好しの患者である私も、
いいかげん医師不信に陥っている。


でも私の場合、
自分では普通にやったり、
言ったりしているつもりでも、
相手にかなりきつく感じられていることが
ある。


【スポンサードリンク】






むかし部下から

「初めのころ、なんで課長から
怒られなければいけないんだよ、
て思いましたよ」、

といわれたことがある。


私はいたく悩んでしまった。


自分自身では普通に話していたりすることが、
相手にしたら、
怒られているように感じる、
というのだから。


それで話を戻すと、

自分では普通にうがいしているつもりでも、
詰めものにかなり激しい力が加わり、
取れてしまったのかもしれない、
などと思ってしまうのだ。


いまさら直すことはできないのだろうが、
良い意味でも、悪い意味でも、
自分で考えている以上に、
相手に強くあたっているのだろうか。


気をつけなければいけない。


誤解される恐れがある、
と思う。


また、悪いことに私は誤解されても、
それを解こうと強く思う方ではない。


【スポンサードリンク】






良くいえば自然流だが、
悪くいえば人任せなのかもしれない。


そして独り合点で、
独り善がりなのだ。


おっちょこちょいな性格が、
独り合点を増長させ、
部長をして独り善がりに思い込むな、
といわせてしまう。


ただ、もの書きにとっては、
必要な性格のひとつだ、
とこれまた独り合点している。




私がこの記事をかいたのは、
18年前のことである。
当時サラリーマンであった私が
作家を目指し書いた
「サラリーマン千日解放」
というコラムエッセイの
212日目の記事である。

執筆年月日 1998・12・06
ブログアップ日 2015・12・06




【スポンサードリンク】





【後 述】


自我が強いのは
善きにつけ、悪しきにつけ
はたから見て
あまり恰好の良いものではない。


それは怒っているのと
似ているからだろうか?


あまり恰好の良い物ではないことは
もう出来るだけ止めた方が良い。





さらなるサラリーマンの話題はこちらから
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
マネーパートナーズで口座開設