So-net無料ブログ作成

外見を気にすることは、余裕のあることなのかもしれない [コラムエッセイ]


「外見を気にすることは、余裕のあることなのかもしれない」


昔、私はボディビルをやっていたことがある。


8a97824f3bd96cfda0da18fd507fa3cb_s.jpg


高校生になったばかりで
当時腹筋用の台や
バーベルとその丸いプレートなどは
とても高校生が買えるものではなかった。


そこで、私は鉄パイプとプレート止めだけは
買って

あとは手づくりした。


丸い鉄のプレートは
重量計算してセメントで創った。


また、腹筋台は当時母親が
和服の生地を裁断するのに使っていた
細長い厚い木を利用して作った。


これでなんとか
今で言うところの筋トレ
ダイエットに成功し、腹も6つに割れ、
これ見よがしに写真を撮ったりしたものだ。


今でも筋トレ、ダイエットは盛んのようである。


女性などは
今まで着ていた服が着れなくなってしまうと
何でも買取りしてくれるところへ売ってしまう
という方法もある。


しかし自分が気に入った服などが着れないのは
やはり残念なものだ。


特に特別なパーティなどに誘われた時などは
できれば気に入ったパーティドレスを身に付けて
装いたいものであろう。


そんな時にはやはりダイエットしておけば良かった
ということにもなろう。


男性も肉体美に憧れて筋トレをするのだろう。


より逞しく見せたいというのは
分からないでもないことだが、
歳を重ねてくるとそれ以前のことも
目立ってきたりする。


髪の毛が薄くなってきて
筋トレどころの騒ぎではなくなり、
真剣に発毛剤を探してみたりもする。


要するに外見に拘ってしまう
ということなのだが
ある意味致し方のないことなのであろう。


中には外見などに拘っているどころではない人
もいる。


仕事探しにやっきになっているような人は
それこそ
それどころではないであろう。


まあ、いずれにしても
外見を気にすることは決して悪いことではないし、
ある程度、余裕のあることなのかもしれない。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

引越シーズン到来、人生の節目 [コラムエッセイ]

「引越シーズン到来、人生の節目」


これからの時期は
引越のシーズンである。


学生や結婚、転勤等々様々な形での移動がある。

hikkoshi.jpg

若い夫婦などにとっては
新天地での初めての経験も多くあろう。


またその地での
天からの授かりものに恵まれることもある。


それは
その二人にとってまさに人生の節目となろう。


また、
その地へ行くまでは
全く知らなかったようなことを知るように
なったりするチャンスもある。


その地の隣人である老婦人から
白米だけでなく麦の力の素晴らしさ
教えて頂いたり、

近場の温泉に誘われて
行くようになってから
肌に化粧品のノリが良くなったりして
多くの恩恵にあずかることもある。


もちろん、
良いことずくめではない。


その地に慣れず
友人もできず
その地を離れざるを得ないようなことに
なってしまうケースもあろう。


また転職などにより
赴任した地が
自分にとって
非常に合っていた
などという例もあろう。


今までの環境と大きく変わることに
なかなか馴染めないのが人間であるが、

構えずにごくごく自然体で
入って
気張らずに行けは
道は自ずと開かれてくるものでもあるのだ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

人間は基本的に一人では生きられない [コラムエッセイ]

「人間は基本的に一人では生きられない」


現在は一人暮らしの方が増えているようだ。

hitorigurashi.jpg

人間は基本的に一人では生きられない。


そこで知恵として
様々なペットを持つようになる。


、猫という動物たち、
今やロボットなどもその一つになっている。


従って
定期的に配達してくれる様々なサービスなども、
ある意味一人暮らしの人をいやしてくれる。


お弁当や食材、いまはファッション雑貨に至るまで
定期的に届けてくれるサービスがある。


一人暮らしというのはさびしいものであろう。


夫婦で先立たれた者が残されてひとりになる
という場合もあるが、
それだけではない。


様々な暮らしの中で
一人暮らしを余儀なくされる場合もある。


単身赴任、学生、独身者の一人暮らし等々、
様々なケースがあろう。


それでも若い時にはそれなりに
解放感があるのかもしれない。


独身女性が一人で暮らしていれば、
家に帰ってゆっくりと風呂に入り
しっかりと洗顔したりすることもできる。

dokusho.jpg

平日を仕事や勉強で過ごされている方は
パソコンや読書で目が疲れたり
営業されている方は
車の運転で疲れたりもする。


休日には、
そんな一週間の疲れをとるために
誰にきがねすることなく
寝ていられたりもする。


従って、さびしさを凌ぐ
煩わしさからの解放も
あるのかもしれない。


しかし私が過去に同僚から聞いた話では
単身赴任をしていると
いつの間にかテレビに話しかけるようになっている
と言う。


そんな時、妻から送られてきた
自分の着ていたブランド物の古着
青春時代の二人を思い出させ
週末を待てず
休暇をとって妻のもとへ帰って来たという。


現在は様々なIT機器が発達して
それこそネットで顔を見ながら話ができたりもする。


一人暮らしだって
さびしくもないし、むしろ謳歌できるじゃないか、
という意見もあるかもしれない。


しかし日本の社会が大家族から
核家族へと変遷し、

更に個人の部屋を持つようになったことにより、

人間同士の意思の疎通をはかるのが
不得手になっていった者もいる。


人間は基本的に一人では生きられない
ということを知ることは、

逆に
その過ごし方によっては

人間生活が如何に面白く
潤いに満ちたものなのかを
知る事にもなるのである。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

女性の社会進出の厳しさ [コラムエッセイ]


「女性の社会進出の厳しさ」


今、NHKの連続テレビ小説で
明治時代の女性実業家のはしりである
物語を放送しているが、

女性の社会進出は現代でも
やはり厳しいと言わざるを得ない。


joseishain.jpg


女性は妊娠という
男にはできない大きな仕事がある。


どうしてもその間は会社なども
休まざるを得ない。


つまり仕事から否が応でも離れてしまうのだ。


お産が済んで改めて出社すると
以前とは違った環境になっており、
いづらくなった
などというのはよく聞く話である。


そこで転職などを考えても
そう易々とできるものではない。


それが現状であろう。


それでもなんとか仕事を続け、
だんだんと歳を重ねてくると
いつの間にか目元もたるみ始める。


身体に変調をきたすのは
男性の比ではあるまい。


そしてわが子を嫁がせ
自分自身も定年を迎え退職し、
やっと夫婦だけの時間がとれるようになる。


仕事から離れ、
ホッとしたと同時に気が抜けてしまうのか、

今まで使い慣れていたスマホなども
ついウッカリ
消してはならないデータなどを
削除してしまったりすることもあろう。


そんな中で、
ふと、一体自分の社会進出は何だったのか?
などと、思いにふけることもあろう。


また、我々男性が
女性の社会進出を口では
大歓迎などと言いながら

その実はどうなのか、

ということも
女性の社会進出を阻む
要因のひとつなのかもしれない。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

インターネット社会の功罪 [コラムエッセイ]

「インターネット社会の功罪」


インターネットで彩られた社会は、
非常に便利である。


internet.jpg


それまではサービス業というものが
人間を介した仕事だったのに対し

サービスロボットとも言える
インターネットがその役割の90%以上を
果たしてくれる。


転職など、就職活動をするにしても
インターネットの便利さは計り知れない。


わざわざハローワークへ出向いて行く必要もなく
履歴書などもデータで用意ができるので
多くのチャンスに対してトライすることができる。


アルバイトなどに関しても
多くの情報から取捨選択できるという
メリットがある。


現在マイナス金利の時代に入って
住宅ローンを組もう
と思っておられる方々にとって
各行の金利の動向などは
一番気になるところであるが、

それらの情報を手に入れるきっかけを
作ってくれる。


昔なら捨てていたであろう洋服を初め
様々な物品なども

いまやインターネットを通して
少なくても捨てずに済むような
処理をできる。


しかし物事には必ず裏があるように
便利さと同時に危うさも含んでいる。


現実と虚構がハッキリと分離できないような、
架空としか思えないような
マネー(金)に翻弄されてしまうことなども
そのひとつであるかもしれない。


私たちはいつでもこれらのことに
注意している必要がある。


便利なものには
悪用された時にも
同様に
その便利さが発揮されるということを
頭に入れておくべきであろう。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ダイエット、老化防止、介護 [コラムエッセイ]


「ダイエット、老化防止、介護」


若い時には
考えもしないだろう。


自分が老いて行くことなど。


それは当たり前すぎることである。


若い人に
老人がカッコ良く見えることは
めったにないし、
何の根拠もなく
自分に限って……
などと思ってもいる。


しかしこれも自然の流れのなかで
起っていることだ。


若い時には
様々なダイエットに挑戦してみたりする。

diet.jpg


酵母と黒生姜のダイエットサプリだったり、
すっぽんダイエットサプリだったり、
もうとにかく色々だ。


さらには老化防止のためにも
様々なことを試す。


インターネットでも
多種多様の情報が得られ
選ぶのにも迷ってしまうくらいだ。


そして今やこれらを行う年齢は
熟年にまで及んでいる。


そしてご存知のように
長寿国ニッポンは、
その平均寿命を飛躍的に延ばした。


様々な分析がなされているが、
最も大きな理由のひとつに
日本の社会が戦争のない
平和な国であったことが挙げられるだろう。



ごく自然に人は年老いて行くのだが、
年齢を超えた心身を備えているのなら
それに越したことはない。


いくつになっても
人生を謳歌できるのであれば
それほど素晴らしいことはない。


従って、
よほど近くに該当者がいなければ
介護のことなど考えてもみないだろう。


それを自然の流れと
受け容れられるか否かは
老化現象の進度にも
大きく影響するのではないか?

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

睡眠の大切さとコントロールできない心身 [コラムエッセイ]


「睡眠の大切さとコントロールできない心身」


睡眠時間がどれだけ取れるかが、
その人の多忙さを推し測る
バロメーターとなることがある。


suimin.jpg


一日3、4時間しか寝ていない、
などと言えば

芸能人なら
まあそこそこ売れてるんじゃないの
と考えられたり

やすらぎのマットレス
一日8時間きっちり寝ています
などと言えば
気楽なサラリーマンなんだろう
などと言われたりする。


まあいずれにしても
睡眠時間は
そこそこは確保したいものである。


特に女性にとっては
肌荒れが進んだりして
化粧ノリが悪い日が続いたりもする。


男性にとっては
毛が薄くなってきたりするのも
睡眠不足などが微妙に影響してはいないのか?


ただし多くとれば良い、
というものでもあるまい。


例えば
学生時代でも、会社員の時にも
皆が何かの目的を持った合宿
他人と数日間寝床を共にすることがある。


このような時には
自分にも良い意味での
緊張感が持続するせいか

睡眠時間の長短ではない
異なった充実感で満たされることもある。


生理的には
睡眠は身体をラクにするための
充電のようなものだが
精神的にも充実させ
リフレッシュさせるものである。


つまり人間の心身は
自分でコントロールできるものではなく
睡眠による身体の休めがない限り
続かないものなのである。


できればゆっくりと
たっぷりと
睡眠はとりたいものである。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

異国文化・文明・商品輸入の行く先は [コラムエッセイ]


「異国文化・文明・商品輸入の行く先は」



日本は明治維新以降

meijiishin.jpg

それまでの
頑なまでに、
国に鎖でもかけていたように

異国との接触を閉ざしてきた姿勢とは
真逆と言えるほどに
海外から様々な様式、文化、文明を
漁るようにして取り入れてきた。


そしてまた、
取り入れたものを
ある意味上手に
日本的にアレンジしてきたとも言える。


それでもなお、
海外のライフスタイル
憧れる傾向は強い。


食生活も変わり
服装も変わり
特に女性は
スカートやパンツを履くようになり
素足を見せる機会が多くなってきている為か、
足が長くスラッとしていたいなどと
憧れるのもそのひとつであろう。


また外来語を日本語に溶け込ませるのも
国民性なのか。


いつの間にか陸上選手なども
アスリート(運動選手、特に陸上競技の選手)
などと呼ばれるようになり、
今では日本語になっている。


さらに日本古来からの伝統工芸品と同様に
海外の伝統工芸品にも目を配るようになった。


例えば陶器なども
様々な日本各地に伝わる
商品だけでなく

イギリス、ポーランド
多くの海外の逸品が紹介されてきている。


さらにネットショップが
出現してからというものは、
そのかきねは
さらに外されようとしている。


何しろインターネットには
国境がないから
ネットショップで販売される商品は
良くも悪しきも際限がなくなってきている。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
マネーパートナーズで口座開設