So-net無料ブログ作成
検索選択

定 年 な し [コラムエッセイ]


「定 年 な し」


先日、
仕入先の協力工場見学に行く機会をえた。


社員20名足らずの、
小さな工場であったが、
従業員は、
溌剌(はつらつ)と仕事をしており、
久し振りに暖かな小集団をみた。


teinen.jpg


そこで働く人たちも、
サラリーマンではあるが、
「サラリーマン千日解放」の
対象になっているサラリーマンとは
違っていた。


【スポンサードリンク】






滞在は3時間ほどだったが、
仕事を忘れてしまうほど、
心の和んだひとときであった。


協力工場の社長さんは、
とても朴訥(ぼくとつ)とした方で、
空港から工場までの約1時間、
車の中で一言も口をきかなかった。


車中では、
仕入先である原料供給メーカの営業マンと、
私の二人で間をもたせた。


事務所に着いたのが昼近かったこともあり、
工場見学は後回しにして、
腹ごしらえをすることになり、
昼食が始まった。


社長さんは非常に酒豪であるらしく、
酒が入ると舌が滑らかになりだした。


私も口数の多い方ではないが、
しゃべり始めると
酒がなくても舌が滑らかになる方だし、
仕入先営業マンは、
大学で落語研究会にいた、
ということもあり、
種々な話に花が咲いた。


そんな中で、
社長さんいわく。


「うちは定年がないんですわ」

「えっ、いくつになってでもですか」
私が聞くと、

「そうです」という。


現に、70歳の人が働いているそうだ。


社長さんが子供のとき
面倒をみてもらった人に、
やめてくれとはいえないらしい。


【スポンサードリンク】






でもそれだけで、
定年なし、
という制度を維持することはできない。


それなりの業績があって
初めてできることだから、
立派なものだと思う。


こういう企業が多ければ、
仕事を進める上でのやりとりも
かなりかわってきて、
サラリーマンのストレスも
ずいぶんと減るだろう。




私がこの記事をかいたのは、
18年前のことである。
当時サラリーマンであった私が
作家を目指し書いた
「サラリーマン千日解放」
というコラムエッセイの
231日目の記事である。

執筆年月日 1998・12・25
ブログアップ日 2016・12・25





【スポンサードリンク】






【後 述】

今は逆の考え方で
定年なし
と言えるのかもしれない。


それは、
いつでも解雇してやる。


年齢に関係なく、
会社にとって不要になった従業員は
あの手この手で解雇する。


悲しいかな、
これが現状なのだ。


終身雇用というのは
定年までの間の雇用を約束した
雇用形態を言うが、
本来の意味から言えば
定年なども関係なく
働けるうちは働いて下さい、
という意味でなければおかしい。


現代は、終身雇用なし、
定年なし、不当残業押し付け。


雇われる方が、いつ辞めさせられるか
ドキドキしながら働くという
働く者にとってだけではなく
雇っている会社にとっても
決して良い結果をもたらさない
雇用形態・環境が多いのである。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

車 中 に て [コラムエッセイ]


「車 中 に て」


数ヶ月前、
ある雑誌に文章を無料添削してもらえる
コーナーがあった。


タイトルは「車中にて」という
指定されたものだった。


manin.jpg


私が提出した文章を、そのまま下に記す。


【スポンサードリンク】






『朝の満員電車には、
私の指定の立ち席がある。


3両目の、
進行方向から数えて2つ目のドアの端である。


いつもそこが取れるとは限らない。


今のところ打率は5割くらいか。


それはそれで仕方がないのだろう。


他の人が既に確保してしまっている時は、
どういうわけだか
譲ってやった気持になっている。


ドアの端に立つのには、
それなりにルールがある。


特に満員電車では。


まずドア側に向いて立ってはいけない。


必ずドア側に背を向けていなければならない。


shanai.png


そうすることによって、
開いたドアから入って来る人と、
つまらないことでいさかいが起きずに済む。


それと、
ドアに背を向けて立つことによって、
その人の領地が少なくて済むのだ。


こういう最低限のルールを守れない奴は、
満員電車のドアの端に立つ資格のない奴だ。


その立ち席が確保できれば、
新聞も文庫本も気がねなく、
車中にて読むことが出来る。


目の前は座っている乗客なので、
自由空間になっている訳だ。


結婚してから20年間ずっと
同じ私鉄を利用しているが、
未だに朝の満員電車で
一度たりとも座ったことがない。


本心を言えば、
ゆったりと腰掛けて、
新聞を折りたたまずに読んでみたいのだ。


いつか、朝の車中で
そんな風に出来る時が来るのだろうか。


都会暮らしのサラリーマンには、
辞めるまでそんな瞬間はないだろう』


【スポンサードリンク】






独り善がりだ。


テーマが大事だ。


もっと視野を広くもつべきだ。


と注意書きがあった。


しかし、
サラリーマンを書くことには、
成功したと思う。


独り善がりで視野の狭いサラリーマンから、
早く解放されたいものだ。




私がこの記事をかいたのは、
17年前のことである。
当時サラリーマンであった私が
作家を目指し書いた
「サラリーマン千日解放」
というコラムエッセイの
589日目の記事である。

執筆年月日 1999・12・18
ブログアップ日 2016・12・18





【スポンサードリンク】






【後 述】


今も相変わらずの
満員電車である。


この記事からもう既に
20年近くも経っているというのに。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

筋 肉 痛 [コラムエッセイ]


「筋 肉 痛」


筋肉が痛む。昨日からだ。


かみさんいわく、
「あなたもまだ若いわね、すぐ筋肉痛に
なるなんて」。


kinnikutsu.jpg


というのは、
昨日歳暮として贈る、
大きな商品詰め合わせ荷物をいくつも作った。


それを海外旅行で使う
キャスター付きキャリヤーに載せ、
近所の宅配便取扱所まで
引いて行ったことが原因で、
私が筋肉痛になった、
とかみさんは思ったらしい。


私も最初はそうかなと思ったが、
昨晩になって、
初めて風邪の兆候ではないか、
と気づき慌てて薬を飲んだ。


【スポンサードリンク】






先週末から身体の調子がおかしく、
栄養剤を飲んではいた。


今日になると、
痛みは風邪だとはっきり分かるようになった。


それでも会社帰りに、
大型電器店に寄った。


かさばって運びづらい石油ストーブを購入し、
家まで持ち帰った。


そんなこともあって
益々筋肉痛が進んだようだ。


すぐ床に就こうと思ったが、
今日はまだ何も書いていないので、
パソコンに向かった。


なかなか筆が進まない。


そこでタイトルはズバリ、
筋肉痛にしてしまったというわけだ。


実際、運動後の筋肉痛は
高年齢になればなるほど遅く来る。


それが、風邪の筋肉痛はすぐにやってくる。


若い時は風邪をひいて筋肉が痛むことなど
めったになかった。


身体は鍛えていないと、
てきめんにその脆弱(ぜいじゃく)さを
あらわしてくる。


【スポンサードリンク】






毎朝、ストレッチ体操を30分やっているが、
そんなものは鍛えているうちには
入らないのだろう。


あと30分ウォーキングをやれば
かなりの効果はあるだろう、
と分かってはいるが、なかなか実行できない。


平日は無理にしても
土、日にやれないだろうか。


風邪が治ったら考えてみよう。




私がこの記事をかいたのは、
17年前のことである。
当時サラリーマンであった私が
作家を目指し書いた
「サラリーマン千日解放」
というコラムエッセイの
584日目の記事である。

執筆年月日 1999・12・13
ブログアップ日 2016・12・17





【スポンサードリンク】






【後 述】


相変わらずウォーキングなどは
ちょっと続けてみては
またちょっと休み、
また続ける。


この繰り返しである。


しかしこの1年半くらい、
首の柔軟体操とスクワット、
そして筋トレが続いている。


ここ一週間は起床時間が遅くなり
休んでしまっていたが
また来週から再開する予定だ。


このお蔭で体重が約8kg減量できた。


これでウォーキングが加われば
かなり効果は出てくるだろう。


いかにせん、もう少し暖かくならないと。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

口 笛 [コラムエッセイ]


「口 笛」


わが家で口笛を吹くのは、
娘と私だ。


kuchibue.jpg


私たちの年代(50歳前後:この記事は、
17年前の記事です)では、
口笛はあまり体裁の良いものではない、
としつけられてきた人もいるのではないか。


家庭によっては良くないこととされ、
忌み嫌った人もいるだろう。


アメリカン・ヒットチャートで
奇跡的な一位を獲得した、
「上を向いて歩こう(スキヤキ)」で、
坂本九の見事な口笛が、
曲を盛り上げていたのを私は思い出す。


【スポンサードリンク】






探せば、口笛のCDなどもあるだろう。


第一人者といわれる人などもいるのだろう。


しかし、
あまりメジャーにならないところが、
気楽に吹ける所以(ゆえん)でもある。


かみさんが口笛を吹いていることはめったに、
……いや、聞いたことがない。


吹けない人もいる。


小さいころに口笛が吹けず、
肩身の狭い思いをした人もいるだろう。


早くから吹けるようになると、
同年代の連中よりも少し大人になったような、
そんな気分に浸れたものだ。


一般的に言って、口笛を吹く行為は、
気分の良いときが多い。


苛(いら)だっていたり、
悲嘆にくれているとき、
口笛を吹く者はあまりいないだろう。


ウキウキしたり、鼻歌を唄う気分で、
つい吹いてしまうのが口笛ではないか。


娘ももう17歳になった。


意味なく父親を煙たがったり、
話もしない年齢だ、ともいわれている。


その点、まあ世間でいわれているほど、
ひどい仕打ちは受けていない私だ。


【スポンサードリンク】






しかしときには口喧嘩もする。


私は苛(いら)だち、二階の仕事部屋に入り、
パソコンに電源を入れる。


しばらくして、
階下から娘の吹く口笛が聞こえてくると、
すーっと私の気持ちは和らぐ。


口笛は、人の気持ちを知る目安にもなる。




私がこの記事をかいたのは、
17年前のことである。
当時サラリーマンであった私が
作家を目指し書いた
「サラリーマン千日解放」
というコラムエッセイの
582日目の記事である。

執筆年月日 1999・12・11
ブログアップ日 2016・12・11





【スポンサードリンク】






【後 述】


先日、口笛を吹くのではなく、
吸いながらやってみた。

息を吸いながら音を出すのである。

これが意外とできたのだ!

そうすると息継ぎの必要がなくなり、
連続して音をだし、途切れのない口笛となる。

などと、何ともたわいのない話ではある。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
マネーパートナーズで口座開設