So-net無料ブログ作成
検索選択

かみさんはクリスチャン [コラムエッセイ]


「かみさんはクリスチャン」


日曜日、
かみさんはクリスチャンなので、
朝早くから礼拝に出かけて行く。

christian.jpg
画:AC Works さん

私は、彼女の仲間、
つまり近所に住む伝道者や牧師
(ほとんどがアメリカ人)とは、
たまに食事をしたり、
つきあいはある。


しかし私は無宗教だ。


父が亡くなったとき、
初めて実家の宗派を具体的に知った。


私は、上に姉がいるだけなので、
長男として当然告別式等に
僧侶を呼ばなければならない立場だったのだ。






何宗だったか覚えていたのは、
式が終わるまでだった。


今はまた忘れてしまった。


人は亡くなったらどういう葬式をされようが、
当人はまったく分からないのであるから、
どうでも良いと思ってしまう。


ましてや、
生きている内に死後のことを考えても、
ほとんど意味がない、とも。


変な新興宗教にかぶれるくらいなら、
ほどほどの賭事
――パチンコ、麻雀、競馬――に
多少の金と暇を費やした方が、
罪はないなどと思ってしまうほうだ。


しかし日本人は、日本そのものが宗教であり、
日本民族そのものが宗教団体ではないか
と思わせるほど、
宗教には無縁でいられる、
世界でも珍しい民族ではないか。


どの国でも、宗教による社会問題は
歴史の一部を形成している例が多い。


日本では小さな出来事はあったにしても、
歴史的に、のちの日本に
大きく影響を与えるような宗教事件はない、
希有(けう:めったにないこと)な国といえよう。






結局私たちは、
サラリーマン教なのかもしれない。


拠り所をそこに見出している人たちの
何と多いことか。


定年後、早死にする人もいるというのは、
サラリーマンという
拠り所を失なってしまうからだろうか。


人にとって、宗教が拠り所であるのなら、
自分にとって、永遠の宗教を探すため、
サラリーマン解放させなければならない。




私がこの記事をかいたのは、
19年前のことである。
当時サラリーマンであった私が
作家を目指し書いた
「サラリーマン千日解放」
というコラムエッセイの
24日目の記事である。

執筆年月日 1998・06・01
ブログアップ日 2017・05・31









【後 述】


今は私もクリスチャンである。

クリスチャンになるまでは、
かみさんにクリスチャンになるのは、
今際(いまわ:死の直前)でいいよ、
などと言っていた。

しかし、こうして様々なことが起こる昨今、
本当に良かったと思っている。

まだまだ生臭坊主ならぬ
生臭クリスチャンではあるが、
一日一生の時を実感的に過ごせるのは
クリスチャンになっていなければ
できないことなのではないか。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

健 康 管 理 [コラムエッセイ]


「健 康 管 理」


サラリーマンの健康管理といえば、
まず人間ドックがあげられるだろう。


私も定期的に受診しているが、
結果をみて安心するだけだ。

kenkokanri.jpg
画:SSSSSSSさん

しかし、50にも近くなると、
健康管理がとても大事になってくる。


酒・タバコの量、食事の自己管理、
どれも日々気をつけなければならないこと
ばかりだ。


生理的な面ばかりでなく、
精神面でも自己管理が重要になってくる。
ストレスをためないようにすることが
一番理想的だ。


会社、仕事、家庭等、
取り巻く環境で様々な出来事がある。


自分で意識しなくても、
蓄積されたストレスは
色々な形になってあらわれてくる。


【スポンサードリンク】






私は十数年来のアトピーで、
何度か検査をしたが
原因はいまだに分からない。


担当医はストレスが原因だろうという。


ここ二、三ヶ月肩が痛くてかなわず、
先週とうとう医者へ行ってしまった。


四十肩かと思っていたら、
首のけい骨が変形して
神経を圧迫しているらしい。


二、三年前からスッキリしない頭も、
これが原因なのかもしれない。


ビタミン剤を飲み、
暖かい防弾チョッキのような器具を
身にまとい、
首吊りをするような器械で、
首の骨を引っ張って治療をしている。


あまり効果はあがっていない。


先生は気長にやらなければというが、
ほんとうに良くなるのだろうか。


【スポンサードリンク】






ほかにも私は、
毎週土曜日に歯医者へ通っている。


約一年、
それも同じ個所をずっと治療しているのだ。


左上の奥歯で、
充分な治療をせずすぐに被せてしまったので、
あとも痛みが残った。


被せたものを、はがしてもらい、
再び最初から治療しなおしている。


といっても、
毎回同じ治療をただ続けているだけだ。


本当に治るのだろうか。


全般に回復がとても遅い。


サラリーマン解放までは、
全身全霊健康でいなくてはならない。


となると、タバコもそろそろ止めないと。




私がこの記事をかいたのは、
19年前のことである。
当時サラリーマンであった私が
作家を目指し書いた
「サラリーマン千日解放」
というコラムエッセイの
12日目の記事である。

執筆年月日 1998・05・20
ブログアップ日 2017・05・20





【スポンサードリンク】






【後 述】


肩のこりはいつの間にか
おさまっている。

首のほうも
ほんの数か月治療をしたが
通院しないようになったら
いつの間にかおさまった。

歯は何度も何度も医者を代えた。

それでも良い歯医者は見つからず、
かなりガタガタになってしまった。

今は近くの医者に行くようになり、
結構良い医者で、つくづく
灯台下暗し(とうだいもとくらし
:近すぎてわからないこと)だった
と思わされている。

たばこはこの記事のあと、
しばらくしてから断煙(だんえん
:あまり固く決心するのではなく、
いつでも再開できるからそれまで
止めていような、という意味
:私の造語です)して
今に至っている。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

取 材 [コラムエッセイ]

「取 材」


小説を書く上で、取材、調査等は、
実際に自分が動いて、
足で、目で、身体で情報を得ることだ、
とよくいわれる。

shuzai.jpg
画:フリーカットさん

例えば舞台になる場所へ、
実際に行ってみるとか、
様々な情報をかき集めて、
自分が書くことに、
間違いのないことを
証明できる事実を確認する、
とか。


私は今まで本格的な取材をしたことはない。


頭で描いたものだけで書いてきた。


ありふれた辞書や簡単な事典などを開いて、
何とか書いてきた。


【スポンサードリンク】






自分の足で稼いだ情報でないことが、
作品を薄っぺらにしているのだろうか。


緊迫感がないのだろうか。


文章に火花が散らないのだろうか。


ストーリーに無理があるのだろうか。


様々な憶測が頭を巡ってしまう。


実際、取材の仕方もよく分からないし、
費用もかかることだろう。


現実的にサラリーマンという、
いまの立場では限界がある。


せいぜい図書館へ行って
様々な書物に目を通し、
舞台になる場所へ行って、
風景等を観察するのが精一杯であろう。


あとは、なにしろ想像、
創造するしかないだろう。


ほとんど80%以上が
創造である現在の作品は、
却って取材などしないほうが
いいのかもしれない。


逆に慣れない取材で、
何を書こうとしているのか、
さっぱり焦点が絞れなくなってしまう
可能性もある。


【スポンサードリンク】






私も営業をしていた経験から、
外へ出るのは嫌いではない。


しかし、中で仕事をするのがいやでもない。


それぞれがほどよい時間の長さであればいい。


中にばかり居ると、気が滅入ってくるし、
外にばかり出ていると、
たまには中でじっくりと
仕事がしてみたくなる。


その繰り返しだ。


作家になったら、
取材をうまく執筆活動に
織り込んでゆきたいと思う。




私がこの記事をかいたのは、
18年前のことである。
当時サラリーマンであった私が
作家を目指し書いた
「サラリーマン千日解放」
というコラムエッセイの
373日目の記事である。

執筆年月日 1999・05・16
ブログアップ日 2017・05・14





【スポンサードリンク】






【後 述】


活字ばなれが取りざたされてから
久しい。

たまに、ものすごい部数を売った
などというニュースも目にするが
ごくまれになってしまった。

それに自分の作品を発表するだけなら
何も活字にする必要もない。

こうしてブログを利用したり
発表するサイトをつくり、
整備すれば、いくらでも出来るからだ。

取材も実際に足でするのではなく
ネットでかなりのことができるように
なっている。

果たして、これが良いのかどうかは
別としてだが。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
マネーパートナーズで口座開設