So-net無料ブログ作成
検索選択

スランプ [コラムエッセイ]

「ス ラ ン プ」


79日めにして、
いささかタイトル選びに行き詰まりを
感じないでもない。


1,000日まで、まだ全体の8%にも達していない、
というのに。


slump.jpg
画:Shrimpgraphic さん

なんでも行き詰まりはある。


スポーツ選手などは、
スランプという言葉をよく使う。


これは心身の一時的な不調をいうが、
つまりは、
行き詰まりのことだろう。


【スポンサードリンク】






サラリーマンも、
「今週はスランプだよ」とか、
「先月からずっとスランプで、
 思うように物が売れないよ」とかいう。


サラリーマンの言うスランプ・行き詰まりは、
ほとんが精神的なものから始まり、
結果として身体に及ぶものではないだろうか。


飲みすぎた翌日、
スランプだというのは、
ほんとうに一瞬で、回復も早い。


しかし日常業務で、
精神的スランプに陥り、
回復するのに時間がかかりすぎると、
かなり厳しい状況になる。


たとえば営業職なら、
成績はあがらず落ち込む悪循環となり、
回復する前に担当を外されてしまったり、
能力のない奴だ
と決めつけられてしまったりする。


想像以上に精神的な酷使をする現代、
スランプのない方がそれこそ異常だろう。


だから私は、スランプは必ずある、
と受け入れる意識を
いつも持つようにしている。


まったく自然のことであり、
慌てる必要はない、
と思うようにしている。


【スポンサードリンク】






50前後にもなれば、
身体には更年期障害、
40肩・50肩とかいわれる
生理上のスランプも出てくる。


ますます心身共にスランプの状態が増える。


そうであれば、
スランプと上手につきあってゆく方が、
状態を悪化させずにすむ。


書いているうちに、
私の行き詰まりも消えてきたようだ。


だからスランプなんて、
元々たいしたことではないのだ、
と思うようにする。




私がこの記事をかいたのは、
19年前のことである。
当時サラリーマンであった私が
作家を目指し書いた
「サラリーマン千日解放」
というコラムエッセイの
79日目の記事である。

執筆年月日 1998・07・26
ブログアップ日 2017・07・28





【スポンサードリンク】






【後 述】


スランプは、次のステップへの
小休止である。


あ、来たな、これがスランプか。


その程度に受け入れ
慌てずに対処することが
何よりも大切なのではないだろうか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

硬  直 [コラムエッセイ]


「硬  直」


死後硬直というように、
人間は死亡すると身体が硬直する。

kouchoku.jpg

私は逆説的に、歳を重ね身体が硬くなれば、
自然と死に近づいている、
と自分勝手に解釈している。


そこで、毎朝の柔軟体操に励んでいるわけだ。


医学的に正しいか、
間違っているのかは分からない。


【スポンサードリンク】






歳をとったら、
義理欠け、風邪ひくな、転ぶな、
とよくいう。


転ぶなは、
私も実際に祖母の死で良く理解できた。


祖母は90近くまで長生きしたが、
ある日庭で転んで足をくじき、
寝込んでしまい、
そのまま死に至った。


身体は動かしていて、
初めて活性化されるものだ。


動きを止めてしまうと硬直化し始める。


そして最終的に活動を停止してしまう。


同様に、
組織に柔軟性がなくなってしまうのも、
細胞たる個々の人が
セクショナリズムに凝り固まり、
全体的な動きを止めてしまうのが原因になる。


そこで急にトップから、
セクショナリズムを排し柔軟性を持て、
などといわれても、
硬直化した個々のサラリーマンが、
すぐに会社全体を考えて
行動できるはずはない。


サラリーマンとは、
それほど自己防衛本能の発達した人種
と考えて間違いない。


各器官たる部署が、
全身たる会社からみて硬直化しているならば、
部分的に矯正しても無意味だ。


例えば販売部門だけを強化しても、
販売部門と製造部門のセクショナリズムが
対立意識をもって仕事をしていては、
下手をすると逆効果になってしまう。


【スポンサードリンク】






全身の柔軟性が、
硬直化を防ぐ最善かつ唯一の方法だろう。


その観点からすると、
部門の廃止・統合をどうやるかが、
要(かなめ)になってくる。


極端な話、
部門なしにしてしまうかだ。


作家にとっては、
頭脳の硬直化が一番まずい。


身体と頭脳の柔軟性維持に心がけよう。




私がこの記事をかいたのは、
18年前のことである。
当時サラリーマンであった私が
作家を目指し書いた
「サラリーマン千日解放」
というコラムエッセイの
421日目の記事である。

執筆年月日 1999・07・03
ブログアップ日 2017・07・03





【スポンサードリンク】






【後 述】


政治なども
まさにその典型と言える。

同じことをやっていれば
硬直化してくる。

しかしあまりに変化に富んでいれば、
民衆がついてこれず、
結局うまくいかない。


柔軟体操よろしく
基本的なことを繰り返しすること、
つまりいつも初心を忘れずにいること、
そのうえで今をしっかりと
治めることにつきるのではないか。

組織が硬直してしまえば、
その政党もそれまでだ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
マネーパートナーズで口座開設